スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
みなさま、こんばんにょん。




どーなつ姉妹の今頃「地球で恋愛中」を観ている方、姉です。




なんか、タイミング逃しまして。




それに~~~~


観たら絶対ユチョン堕ちしちゃうと思って。




いいんすよ、堕ちちゃっても。
YC0316-7.jpg






や、やめてくれえええええ


私にはチャンミンという夫…いや恋人…いや彼氏…いや、ご主人様が!!



よ、よし。うそは言ってないぞ、うそは。






さてさて「ベッドでのスタイルはどんな風なの?another story」シリーズ。


今回はジュンス編です。








※元のお話を読んだことのない方へ
今回のお話を読まれる前に、ぜひ↓こちら↓からお願いします。

『 『 ベッドでのスタイルはどんな風なの?~ジュンスver.~ 』 』



その他のこのシリーズについては、記事の最後にリンクを貼っています☆













DN「じゅんちゃん、じゅんちゃ~ん?」





お風呂からあがり、寝室でくつろいでいると

食器を洗っていた彼女が僕を探し始めた。














DN「ジュンス~?」






ベッドで寝たふりをしてみる。














DN「また髪乾かさないで寝てる…」






そうだった。


昨日の夜も髪を濡らしたまま寝て彼女に怒られたんだった。










DN「じゅんちゃん、髪かわかしなよ」






JS「う~ん…」












ごまかすように、もぞもぞしてみる。





彼女は僕が眠っているとすっかり信じ込んでいる。









寝室から出て行く音がする。








DN「しかたないなぁ…乾かしてあげるから、ほら。」





あ、ドライヤー持ってきたんだ。



乾かしてもらえる。







僕は、彼女にドライヤーをかけてもらうのがすき。


いとおしそうに、髪を触られるのがすき。












ベッドに腰掛けている彼女のもとへ

這うように移動する。





起きてるってバレたら

ドライヤーかけてもらえないもんね。









彼女はいつものように、左足を曲げてベッドに乗せる。


右足はベッドから垂らした状態だ。






僕もいつものように、

曲げた状態の左足に近づき

彼女の太ももに頭を乗せる。





やわらかい。







顔を彼女のお腹の方へ向け、

ぎゅっと腰に抱きつく。






この体勢もすき。


細い腰に、腕を回すのがすき。














DN「じゃ、乾かすからね~」






そう言ってドライヤーをかける彼女。












伸びた前髪をいとおしそうに指ですく。



髪の先まで神経が通ってるみたい。






彼女の指が、僕の髪に触れるたび胸が苦しくなる。






彼女に触れられて僕は反応している。









この気持ちって…







JS「・・・・・・・だ・・・・い・・よ」






あ、ドライヤーの音で聞こえなかったかな。




彼女が慌ててスイッチを切る。










DN「えっ?」






僕の顔を覗き込む。














JS「抱きたいよ、って言ったの。」








眠ったふりはもう終わり。



甘える時間ももう終わり。







もう、抱きたくてしかたないんだ。









DN「え…」











驚いて言葉に詰まる彼女の上半身をベッドに倒す。












JS「ねぇ…いいでしょ…?」






タンクトップを脱ぎながら、彼女にささやく。









だめって言われても抱くけどね。




僕ってガマンできないタイプなんだ。












眠い時は寝るし、お腹がすいたら食べる。


歌いたい時は歌う。






そして抱きたい時は…








ドライヤーの温風があたっていたからかな。



彼女の手がいつもよりあったかい。





この手で触れて欲しい。



…この手で触って欲しい。







彼女の手を取り、僕の口元へ近づける。







僕が贈った指輪がはめられている彼女の薬指。





ちゅっとその付け根にキス。






上唇にリングのひんやりした感触。



下唇に彼女の体温を感じる。











これから何をされるのかと、

彼女が身構えているのが分かる。





…何されたい?









彼女の瞳を見つめながら、

薬指の付け根にキスしたまま

唇を指先へとすべらせる。






彼女の口がうっすら開く。

ドキドキしてきたんでしょ。









顔を見つめたまま、

いたずらするように彼女の指先をくわえる。




DN「ジュ…ジュンちゃ…」








今はそんな子どもみたいな呼び方しないで。



僕はもう大人の男なんだ。






大人の男だって、分からせてあげる。









くわえていた彼女の指先を開放する。







そのまま指先を僕の頬に触れさせる。





僕を指先で感じて?









指をすべらせ首筋を這わせる。





喉元のごつごつした部分を確かめさせる。








ここから声が出てるんだよ。




ここから出る声で、君への愛を歌っているんだ。











彼女の瞳が潤んでる。






JS「…触ってくれるよね?」






DN「えっ」





JS「ねぇ…下も脱がせて」






DN「ジュンス…」


















JS0324-5.jpg

ん?ジュンちゃん、なになに?



JS0324-3a.jpg

もーなに~???


JS0324-3b.jpg

えっ!!!!!!



JS0324-4.jpg






萌。



しーあーじゅんす!!!

し-あーじゅんす!!


さらんへさらんへさら・・・








・・・・・・・・・・・・・・・。
cm0324-1.jpg








はっ!!!!!!!






ご、ご主人様・・・・!!!!










↓よろしければ(^^)/









☆ ★ ☆ ベッドでのスタイルはどんな風なの?シリーズ


ユチョンver.→ 『 ベッドでのスタイルはどんな風なの?~ユチョンver.~

ユノver.→ 『 ベッドでのスタイルはどんな風なの?~ユノver.~

ジェジュンver.→ 『 ベッドでのスタイルはどんな風なの?~ジェジュンver.~

ジュンスver.→ 『 ベッドでのスタイルはどんな風なの?~ジュンスver.~

チャンミンver.→ 『 ベッドでのスタイルはどんな風なの?~チャンミンver.~


☆ ★ ☆ ベッドでのスタイルはどんな風なの?another storyシリーズ

ユチョンver.→ 『 ベッドでのスタイルはどんな風なの?another story~ユチョンver.~

ユノver.→ 『 ベッドでのスタイルはどんな風なの?another story~ユノver.~

ジェジュンver.→ 『 ベッドでのスタイルはどんな風なの?another story~ジェジュンver.~


スポンサーサイト
MOUSOU-story

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。