スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
みなさん、こんばんにょん(^^)/


コメント欄でReraさんが使ってて萌え~だったので早速使わせていただきました♪



響きが実に心地よい!こんばんにょん!w





あ、申し遅れました。



どうなつ姉妹の走るのが遅い方(姉)です。


運動会きらいでした。







さてさてマリエカルラさん、長らくお待たせいたしましたー!!




過去記事『 ジュンスで大人のラブストーリー。 』にコメントでリクエストをいただいて

1ヶ月くらい経ってしまいました。おまた!





今回の主役はU-know!!!


そうです、うちの妹にペン疑惑が浮上しているユノ・ユンホさんです。ぱちぱち


↓どうなつ妹 ↓ユノ・ユンホ氏
YH0213-10.jpg






前にも言った事ありますが、ユノって卑猥な大人な妄想がしにくいです。個人的に。


なんか…あの仏のような笑顔を見ていると自分の考えていることが煩悩すぎて。



いや、煩悩で生きてるんですけどね、私は。




なので時間がかかってしまいましたが、書いていて楽しかったです♪





みなさまにも楽しんでいただけるとよいのですがー!!!どきどきどき






















彼を例えるなら…朝の光だろうか。




お昼の太陽から放たれる光とは少し違う。


けだるい夕陽ともまた違う。





冬と春のあいだの季節。


そんな時の朝の光。





すっと胸がすくような、でもやさしく包まれているような。


そんな朝の光。











YH「メール見たよ。明日、会えなくなったんだって?」





会えない時は毎晩かかってくる彼からの電話。


今夜もいつも通りかかってきた。








DN「あぁ…うん。ごめん。」








明日で付き合い始めて9か月になる。



友人の紹介で出会った彼。







まっすぐに私を見る瞳と、はにかんだような笑顔。


彼の周りに流れる、ゆるやかな空気。













私が彼を好きになるのに時間はかからなかった。






私の何が気に入ったのか、付き合わないかと言ってきたのは彼だった。





3回目のデートで立ち寄ったカフェ。



その日は天気が良くて、テラスの席に二人で座ったっけ。




くすの木が道に沿って植えてある通り。



木漏れ日の下で見る彼がとても美しくて、

「僕と付き合わない?」と言われた時は心臓がきゅっとなった。









その日から、あのカフェがふたりのお気に入りになった。










いつもデートの最後に、あのカフェでお茶をする。





その日の出来事を話して、カフェの近くにある彼のマンションへ向かう。







それが彼と私のデートコース。









付き合い始めてからも、彼は変わらなかった。




出会った時とそのまま同じ、優しく穏やかな彼。









YH「何か用事でしょ。気にしなくていいから楽しんでおいで。」



ほらね。




こうして約束をドタキャンしたって怒らない。








いつからだろう。



そんな彼に苛立ちを感じ始めたのは。









DN「明日、男の人と会うんだ」






電話の向こうで、彼はどんな顔をしているだろう。






DN「私、ユノじゃない他の人とデートするから」







YH「…どういうこと?」









いつもと変わらない穏やかな声に、また苛立つ。







DN「他の男の人を知りたくなったの。浮気するからね。」









本当はそんなつもりないんだけど。






YH「どなちゃん…」








少しだけ、彼の声が動揺したような気がした。




DN「あのカフェで待ち合わせしてるの。3時に。」








あの日のこと、覚えてるかな。



あなたが私に「付き合わない?」って言ってくれた日のこと。









DN「お茶して、それから映画。夜まで一緒にいるつもり。」





彼は、何の言葉も発さなくなった。








沈黙が急に怖くなって、一方的にしゃべる。




DN「邪魔しないでよね。じゃ。」





逃げるように電話を切った。











まっすぐに私を見る瞳と、はにかんだような笑顔。


彼の周りに流れる、ゆるやかな空気。






私が好きになったのは、確かにそんな彼。



それなのに。今度はそれが物足りないとわがままを言う私。








われながらつくづく勝手な人間だと思う。










明日の3時、彼は来るだろうか。























彼とデートした時と同じように、テラスの席に座る。



楠の木で道路と隔ててはあるけれど、すぐ近くに車が走っている。







コーヒーをテイクアウトするお客さんが路上駐車をしている。



運転席で待つ彼に、何が飲みたいか聞いている女性。

恋人同士なんだろうな。







ユノだったら、そんなことありえないな。



交通ルールだろうが、何だろうが、決められたことはしっかり守る彼。






路上駐車なんて絶対に…












視線を道路に向け、私は固まった。






並木道に停まった車は、確かに彼のものだ。









ユノ。









車から降りて、まっすぐにこっちへ向かってくる。






驚いて言葉が出ない。












YH「来て」




短くそう言うと、私の手首を掴んで車へ連れていく。








今までこんなに強い力で握られたことはなかった。








DN「ちょっと…いた…」





私の腕を引っ張り、助手席に押し込める彼。











DN「ユノ…」












車の中に沈黙が流れる。






いつもより、速いスピードで運転している気がする。







すぐに彼のマンションへ着いた。



地下駐車場に車を停める。





日中は車の数も少なく、人気のない薄暗い駐車場には冷たい空気が漂っているだけ。












DN「ユノごめん、他の人とデートなんて冗談…」




ユノの機嫌を取ろうと開いた私の口を、彼がふさいだ。




DN「んっ…!!」








いま、私の目の前にいるひとは誰だろう。


いつもの穏やかな彼ではない。




DN「待ってユノ!こんな所じゃ…」


YH許さないよ




目を細めて、彼はそう言った。










YH「他の男の元へ行くなんて、許さないからな」






助手席を倒され、私の体も後ろへ倒れる。







YH今日は優しくしないから


彼の細くて長い指が私の体に触れ始め、彼の激しい動きに気が遠くなった。



































DN「……ユノ…」





気が付くと、ハンドルに上半身を預け、彼がこちらを見ていた。










YH「ごめん…怖かった…?」





まっすぐに私を見る瞳。








YH「分かったでしょ。俺も、男なんだよ?」









はにかんだような笑顔。









YH「もう…困らせるようなことしないでね」









彼の周りに流れる、ゆるやかな空気。






DN「ユノ、ごめんね…」






私は、彼のそういうところを好きになった。







YH「ははっ。やっぱり俺を試してたんだな」




彼の笑い声も…私のだいすきなもののひとつだったね。








DN「ごめん…」





YH「いいよ。たまにはこういうのも。」




目を細めて彼が笑う。





それにしても、彼にこんなことができるなんてね。




朝の光みたいな人だけど

また違った顔も持っていたんだ。










YH「他の男のところへ行くのは許さないっていうのは本気だから。」





シャツの襟を触りながら彼が言う。











YH「俺の部屋に行こう。今度は優しくするよ。」











彼の魅力を、またひとつ知った気がした。




















どや様~!


どや!どやどや!!!




まさかのinお車…


どや!どやどやどや!!!!!! ←しつこい




まさかの強引ユンホ!


どやどや!!どやどやどやどやどや!!!!!!




そしてまさかのお部屋で2回戦!


どやどや!!どやどやどやどやどやどや・・・・






・・・・・・・・・・・。
CM0316-3.jpg






ぶはっ!!!!!!





最強様…!!!!!


いや、あの、これは…えっと…


え?どや様って誰ですかって?????


そりゃおたくのリーダ…


・・・いえいえ!そんな方存じ上げません!!!!!


「様」がつくのはあなただけです、最強様!!!!!ぺこぺこ







↓よろしければ♪





チャンミンが「TRICK」で「なんかそそる~♪」って歌ってるのにそそられます。





☆次回予告☆
パパ神起。~東方神起とマタニティライフ~
3/18夜~3/19の朝方にUP予定です^^








◆◇◆ オトナのラブストーリーシリーズ ◆◇◆

ジュンスで大人のラブストーリー。

チャンミンセンイル記念!チャンミンで大人のラブストーリー。

ユチョンで大人のラブストーリー。




スポンサーサイト
MOUSOU-story

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。