スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 Happy Valentineと妄想神起。

2010/02/13 Sat 23:49


アンニョン~(^^)
どーなつ姉妹の若い方妹です。

先日は 勝手に妄想神起【Wrong Number "俺様"U-KNOW ver.】こんな動画作っちゃいました。 にたくさんのコメントありがとうございました。

この記事に乗せた、自作動画【 Wrong Number "俺様"U-KNOW ver. 】
youtubeにアップロードして一週間。

再生回数 2,500 回を超えていました。

びっくり。


現在は大人の事情で削除されています。



数十回はしていただけたかなあ…と思っていたので…ありがたいです。
皆さんにこんなくだらない妄想に付き合っていただいて…。

さすが皆さんも変態ですね!

そして姉の東方神起と水着。東方神起と鼻毛。
といった変態記事にも熱い拍手やコメントを
たくさんしていただいて…

みなさんどんだけ優しい変態なんですか!!!



ランキングボタンクリックも本当にありがとうございます!


ところで、明日はバレンタインデーですね!
皆さんは大切な人にチョコ作っちゃう系ですか?

どーなつ姉妹、妹は

無関係系です。

こんなイベント別にいらねぇよ、系です。

でも…ジェジュンに、小5以来チョコもらってない
なーんて言われたらね。(もちろん本命チョコはって意味だろうけれど)

こりゃ、作らずばなるまいっ!

ってなりますよ。


そこで今日はバレンタインの妄想。
いつも彼らからサプライズとかプレゼントばーっかり
してもらっているので
(正しくは、という想定なので、です。)





====ジェジュン====

今日はバレンタインデー。街でデート中。

JJ「どなちゃ~ん、今日は何の日でっしょー」

DN「え?今日?燃えるごみの日でしょ?あれ、今日資源ごみの日だっけ…」

JJ「もー、ちっがーうよー!忘れたのー?バカバカバカー」


DN「ウソだよー忘れてないよ、はいっ、これあげる。」




jj0213

JJ「あっはーありがとうー忘れてないんっじゃーんっ!もー」


JJ「開けていいっ?」

DN「帰ってから開けてー!今回失敗しちゃっ…」

JJ「あはっ。うれしいなー!開けちゃおうー!」

DN「見た目は悪…」

JJ「何これあっはー!あっはっはっはー!ぐっちゃぐちゃじゃんー!これジェジュンて書いてるのー?あはっ」

DN「…うん(TOT)やぱり失敗だよね…ごめん…」

JJ「どなちゃん、もっとこっち来て~!」

 ちゅっ

JJ「俺、こんな愛がこもったチョコはっじめてだよーっ!ありがとう♪…あ、みんなこっち見てるー恥ずかしいーあっはー!」

→人目も気にせず、キスしてくるジェジュン♪
たとえ、チョコがへたくそだったことを暴露話のネタにされても構わない。




====ユチョン====

2人で家でまったり。
私はユチョンと食べるチョコレートケーキ作成中。

YC「ハニー。ここ座って。ここ(自分の膝をポンポン)」

DN「ちょっと今手が離せないから無理ー」

YC「良いから早くここに来てー俺寂しいんだよ―。」


yc0213

DN「あとちょっとで作り終わるから、ね。」

YC「…」

DN「あ、ユチョンDVD見たら?借りておいたんだよ。ほら見たいって言ってた…」


ぎゅっ(エプロン姿の私を後ろからぎゅっ)

DN「…?ゆちょ?どーしたのー?(どきどき)キッチン狭いから危ないよー座っといてよー(どきどきどきどき)」

YC「ずっと一緒にいたいの~。寂しいじゃんー。俺離れないから。一緒に作る!」

DN「ユチョ…(どきどきどきどk)」

→チョコレート作ってる場合じゃないよ。(どきどk)
もう今夜はチョコレートケーキじゃなくってユチョンを食べちゃいたい。




====ユノ====

ユチョンに恋している私は自分で渡せそうにないので
ユノに「このチョコユチョンに渡して♪」って言おうとしているところ。

DN「ユノ~あのさぁ…」

YH「な~にぃ~?」

DN「こ…これなんだけど…(ユチョンに渡してほしくって)」

YH「何~?あ、もしかしてチョコ~?やったー!」

DN「いや…これをね、ゆちょんに…」

YH「開けていい?開けていいでしょ?」

DN「それユノのじゃなくってね、ユチョ…」

YH「わ~凄い~美味しそう~!」

DN「ユノ…」

YH「今年、初チョコget~~~よっしゃ~~~!」

yh0206-2

DN「え…」

YH「どなちゃん…僕のためにありがとう、愛してるよ」

2u4

→ユノっているユノ…だけど今日だけは許すわ!
むしろユノってくれてありがとう!(その前に、その可哀想な設定に謝れ。)




====ジュンス====

二人でチョコを作っているところ
(正確にはジュンスに邪魔されながらチョコを作っているところ)

JS「どなちゃんっどなちゃんどなちゃーーーん!このゲーム見てくださいー」

DN「ジュンス、聞こえてるから!声が大きい!」

JS「えーそうですかぁ~?どなちゃんの方がうるさいですよぉ~!うきゃん。」

DN「もう!どっちでも良いから静かにしてっ!早く手伝ってよ~」

JS「え~僕がもらうチョコじゃないんですかあー!何で僕がーーー!」

DN「良いから手伝ってーーー!はい、これ」

JS「あーこれ知ってますぅーまるまるチョコだー!」

DN「…うん。トリュフって言うんだよ。」

JS「じゃあ僕、まるまる係りしますからぁ~!うきゃん」

DN「えぇえー何でーーー?」

takoyaki junsu

  数 分 後

JS「このゲーム見てくださいよー」

DN「・・・・・・・じゅんす~まだ終わってないよ~!」


→途中で投げ出すジュンス。もう、まるまるチョコはお預けっ!




====チャンミン====

お家でチャンミンにあげるチョコ作りをする私。

CM「どうなつさん、キッチンで何してるんですか?」

DN「え…いや…最強様へのチョコレート作りです」

CM「僕がここにいるのにチョコレート作りをするとは良い度胸ですね」

DN「え?」

CM「いや…チョコレート、美味しく作ってくださいね」

DN「?…はい。頑張らせていただきます。」

CM「で、今年は何作ってくれるんですか」

DN「ガト―ショコラです…あ、お嫌いでしたか?」

CM「いや…そうじゃないです」

cm0213-1.jpg


CM「それ…僕だけに…ですよねっ?」



DN「はい…最強様のためだけのケーキです」


CM「良かったです♪楽しみにしてますから。」






cm0213


CM「あの…愛情もたっぷり入れてくださいね



DN「(呼吸困難)」


→お家でしかみれない”お家チャンミン(妄想)”…かわいすぎる。






最後に。
HMVの素敵なコーナーをみつけて
皆さんの気持ちであたたかくなったので載せておきます。

今の東方神起へ、ファンからのメッセージ

hmv tohoshinki


見にくかった方はクリックで拡大ですので以下をぜひ。

hmv tohoshinki



ひとつひとつの壁を乗り越えていくことで

”5人”も”ファン”も強くなっている。

そんな気がするのは

きっと私だけではないはず。






こんな妄想記事に付き合ってくださってありがとうございました。



拍手・コメント・ランキングクリックに
いつも私たちどーなつ姉妹は感激しています。コマウォ♪
これからも良かったらお願いします(>_<)


みなさん、Happy Valentine (^^)♪




スポンサーサイト
MOUSOU

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。